【子連れキャンプ】ファミキャンにおすすめの季節は?秋がおすすめの理由や注意点を紹介

子連れ秋キャンプのおすすめの理由や注意点キャンプ
秋キャンプのまとめ

キャンプと言えば夏!というイメージを持っている方は多いのではないでしょうか?

川や海で遊んだり、花火をしたり、夏キャンプは楽しいことがたくさんありますよね。

しかし、子連れでキャンプをしようと思っている方には秋がおすすめです。

「秋って寒くないの?」

「水遊びできないし、子供が飽きそう」

と不安な方もいるのではないでしょうか?

この記事ではファミキャンは秋がおすすめの理由や、注意点についてお伝えしたいと思います!

子連れでキャンプするなら秋がおすすめ!

秋キャンプがおすすめ

家族でキャンプに行くのにおすすめの季節は秋です。

理由は快適だから!

夏ほどキャンプ場が混んでいませんし、冬ほど寒くないので、快適に過ごせる季節です。


子どもを連れてキャンプに行くと、とにかく荷物が多くなるんですよね。

夏は水遊びをするから着替えを多めに持っていったり、冬は夜寒いから厚い毛布やトレーナーなど。

子供の荷物ってただでさえ多いのに、キャンプとなるとさらに大量の荷物!!

そんな悩みを少し減らしてくれるのも、秋キャンプの魅力の1つです。

それ以外にもファミキャンは、秋がおすすめの理由があるんですよ!

詳しく紹介していきたいと思います。

キャンプ場が空いている

キャンプ場は、秋は空いています。

先ほどもお伝えしましたが、キャンプは夏に行くもの、というイメージを持っている方がたくさんいます。

とくにファミリーでキャンプをする場合は、子供の夏休みなどの都合もあり、夏に行く方が多いのではないでしょうか?


人気のキャンプ場に夏休みに行こう!と思ったら、予約開始と同時に申し込まないと行けませんよね。

しかし、秋は1週間後の予約もすんなり取れるので行きたいと思った日に行けます!

子供を連れてキャンプに行く時、“周りに迷惑をかけたらどうしよう”と考えますよね。

しかし、空いている秋ならフリーサイトでも隣との距離が取れますし、子供が走り回っても迷惑をかけません。

小さいお子さんがいる家庭にとっては最高の条件ですね!

空気が澄んでいる

秋キャンプがおすすめな理由2つ目は、空気がきれいだからです。

空気が澄んでいるので、とにかく星がきれい!

都会ではなかなか見られない満天の星空を、ぜひ子供にも見せてあげたいと思いませんか?

焚火で暖をとりながら、家族でまったり過ごすのも最高です。

子供が寝静まった後、星空の下で夫婦でお酒を飲みながらまったり…なんていうのも贅沢ですね!

夏キャンぷとはまた違った、非日常感を味わうことができますよ♪

秋の味覚を楽しめる

食欲の秋!ということで、秋ならではのキャンプ飯を楽しむのもいいですね!

アウトドア調理に取り入れやすい秋の味覚はこちらです。

  • サンマ
  • きのこ
  • さつまいも

サンマの炭火焼や、きのこのアヒージョは簡単で絶品ですよ!

栗ご飯や、鍋も簡単で、秋のキャンプ飯にぴったりです。

ちなみに我が家では“焼いも”が定番です。

子供たちも大好きなんですよ!

作り方はこちらです。

  1. さつまいもを洗い、濡れたまま新聞紙で包む。
  2. 水を新聞紙がべちゃべちゃになる位かける
  3. その上からアルミホイルで包む
  4. 焚火や炭火の端に置く
  5. 焼けるまで待つ

コツは炭火が直接当たらないようにすることです。

端っこの方で、じっくりと時間をかけて焼くことで、甘くて絶品の焼いもができますよ!

秋キャンプの注意点

秋キャンプの注意点

昼間は過ごしやすく、美味しいご飯も食べられて、秋キャンプは最高です!

しかし、注意しなければならないこともあります。

魅力たっぷりの秋キャンプですが、ここからは注意点をみていきましょう。

日照時間が短い

秋は日が出ている時間がだんだん短くなってくる季節です。

暗くなるのが早いので、子供たちの行動には注意しなければなりません。

林間エリアが多いキャンプ場は、明かりがほとんどありません。

子供だけで山の方へ入ってしまったら、捜索が困難になる可能性もあり、危ないですよね。

絶対に子供から目を離さないようにしましょう。

テントサイト内でも、足元が見えづらくなります。

ペグやロープに足をひっかけたり、つまづく可能性が高くなるので注意してくださいね。

ちなみに大人の私もよく転びそうになります(笑)

懐中電灯を持ち歩いたり、ロープライトを付けるなど、対策するのがよさそうですね!

気温差に注意!火傷する可能性も

秋のキャンプでとくに心配なのは寒暖差です

昼と夜で10度近く差があることもあるんですよ。

都会に住んでいる方が山に行くと、こんなに寒いの!?と驚くことがよくあります。

お子さんが小さいと、夜寝られるのかしら?と心配になってしまいますよね。

“秋キャンプの夜は思っているより寒い”と覚えておいてください。

寝るときに寒いからと言って、カイロを長時間使用する方がいますが、おすすめしません。

なぜなら、カイロなどを長時間使用すると、低温火傷の危険があるからです。

低温火傷はたいしたことない、と思っている方がいるようですが、実は一般的な火傷より症状が重い場合が多いんですよ。

一般的な火傷は皮膚の表面に主に症状が現れますが、低温火傷は皮膚の奥の方に症状が出ているため、治療に時間がかかります。

子供は大人より皮膚が薄いため、とくに注意が必要です。

まとめ

秋キャンプまとめ

今回は子連れキャンプは秋がおすすめの理由や注意点を紹介しました。

キャンプはいつ行ってもその季節ごとの魅力がありますが、子供が小さい方はとくに秋がおすすめです。

寒さ対策だけは万全に!

秋ならではの景色や食材を楽しみながら、素敵な思い出を作ってくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました