【元保育士が教える!】保育園の入園準備はいつから始める?必要な物リストを大公開!

保育園の入園準備子育て

保育園に入園する時、準備しなければならないものがたくさんあります。

「いつから入園準備を始めればいいの?」

「必要な物を知りたい!」

このようにお考えの方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、保育園の入園準備をいつから始めるべきなのか解説したいと思います!

必要な物リストも紹介するので、参考にしてください。

保育園の入園準備を始めるタイミング

保育園の入園準備は、入園説明会終了後に始めましょう。

入園説明会では、園生活で必要な物を教えてくれます。

必要な物が分からないうちに用意してしまうと、せっかく買ったのにムダになった、数が足りずまた買いに行かなければならない、というハプニングが起きるかもしれません。

入園説明会は2月または3月に行われる保育園が多いでしょう。

保育園生活で必要な物や、必要な数が分かってから入園準備を始めるのがおすすめです。

入園グッズは手作りしなければならないの?と心配している方もいらっしゃるでしょう。

保育園は市販の物でOKという場合がほとんどです。

裁縫が苦手なママも安心ですね!

最近では、保育園生活で必要なもののほとんどが100均で手に入ります。

裁縫好きな方は、もちろん手作りでも問題ありません。

しかし、布などの材料費を考えると市販のものを使った方が安く済む場合もあります。

保育園で必要な物リスト

保育園に入園するために用意する物は、たくさんあります。

ここからは保育園で生活するために必要な物をシーン別に紹介します!

保育園生活で使うもの

保育園生活で使うものは以下の通りです。

  • おむつ
  • おしりふき
  • 着替え
  • 着替え袋
  • タオル
  • ビニール袋
  • 連絡帳

月齢にもよりますが、おむつは最低でも1日6枚は用意しましょう。

おむつには、1枚ずつ記名が必要です。

スタンプを使うと早く簡単に記名できますよ!

着替えは3セット程度あると安心です。

泥だらけになったり、飲み物をこぼしたり、手洗いで水がかかったり…

着替えが必要なシーンはたくさんあります。

着替え袋は、着替えを入れておくための袋です。

園によっては袋ではなく、ロッカーに入れる場合もあります。

着替え袋のサイズが指定されていることもあるでしょう。

多くのサイズは市販で対応可能なので、手作りする必要はありません。

保育園で使うループ付きタオルも100均で購入可能です。

もちろん子どものモチベーションアップのためにキャラクターデザインを選ぶのもいいでしょう。

着替えの際、汚れた服はビニール袋に入れます。

袋にも記名を忘れないようにしてくださいね!

連絡帳は園で用意してくれる場合が多いですが、最近ではアプリを使っている園も増えています

食事で使うもの

食事で使うものは、以下の通りです。

  • 食事用エプロン
  • 口拭きタオル
  • 歯ブラシ
  • コップ
  • コップ袋

食事用エプロンと口拭きタオルは、食事の回数分必要です。

朝のおやつ、昼食、午後おやつを食べるので、3枚ずつ用意しておきましょう。

口拭きタオルは、濡らして使用します。

朝濡らしたタオルもお迎え時までそのまま袋に入れておきます。

そのため、においや汚れがとれない、カビてしまった、ということも…

保育園で使用するタオルやエプロンは頻繁に買い替えが必要なグッズです。

歯ブラシは月齢によって必要になります。

コップは子どもが使いやすいものを選びましょう。

お昼寝で使うもの

お昼寝で使うものを紹介します。

  • パジャマ
  • タオルケット
  • 布団カバー
  • 布団

お昼寝用寝具は園によってさまざまです。

布団ごと持っていく、布団カバーだけ用意する、バスタオルのみで良い、など違いが大きいので必要なものがはっきりしてから用意しましょう。

事前にカバーを用意したけど園の布団とサイズが合わなかった、なんてことになったら悲しいですよね。

夏場はタオルケット、冬は毛布など使い分けることもあります。

パジャマを選ぶ時は、子どもが自分で脱ぎ着しやすいものを選びましょう。

ボタンの練習も兼ねて、ボタン付きのパジャマという指定がある場合もあります。

パジャマは園で保管しておき、週末に持ち帰ります。

保育園の服装選びで注意すること

保育園ではNGな服装があります。

避けるべき洋服は、以下の通りです。

  • フード付きの服
  • ボタンや飾りが付いている服
  • 裏起毛の服

フードがある服は、ほとんどの保育園でNGとされています。

理由はフードを掴まれて転倒したり、壁のフックや遊具に引っかかる可能性があるからです。

窒息の危険があるので、避けておきましょう。

また、ボタンや飾りが付いている服は、万が一取れてしまった時に誤飲する可能性があります。

とくに月齢が低い場合は危険です。

裏起毛がダメな理由は、熱がこもってしまうこと、汗を吸収してくれないことが挙げられます。

寒い冬でも、部屋の中はポカポカです。

裏起毛の服で遊んでいると、汗をかいてしまいます。

そして汗を吸収しないと体が冷えて風邪をひく可能性もあります。

そのため、保育園で裏起毛はNGです。

まとめ

今回は、保育園の入園準備をいつから始めるべきかについてご紹介しました。

記事の内容は以下の通りです。

  • 保育園の入園準備は、入園説明会後に始める
  • 必要な物リストの紹介
  • 保育園の服装選びで注意すること

保育園の入園準備は、用意するものがたくさんあるので大変だと思うかもしれません。

しかし、早く準備しすぎるとせっかく用意したものがムダになる可能性もあります。

分からないことは遠慮せず、保育園に問い合わせてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました